TOP 砂漠緑化 砂漠緑化について考える

もくじ

  1. 砂漠緑化について考える
  2. 砂漠緑化における日本人の取り組み
  3. 地形が変化するアフリカの砂漠緑化
  4. 家畜の問題と砂漠緑化について
  5. 砂の移動と砂漠緑化

砂漠緑化について考える

砂漠緑化の前に、砂漠化の原因の1つに、焼き畑農業等による、森林を焼きその焼き後を利用する方法で作物を育てる方法があります

。そんな中、森林を大事にするために治水工事や、植林等により砂漠化を止める活動が現在行われています。砂漠地帯は、アフリカ、中東アジア、中国に見られます。

多くはボランティア、NPO法人や、国家群が主体となります。ただ、膨大な砂漠地帯であるため、砂が工事を行った場所を埋めてしまうなど、なかなか思うようには進まない事業で、目に見える評価はされにくいです。砂漠緑化は皆さんの多くの支援が必要になります。

砂漠緑化における日本人の取り組み

日本人における世界的な砂漠緑化への取り組みは世界的にも評価が高いものです。

アフガニスタンの成功事例をはじめ、黄砂の原因となっている中国モンゴル自治区での緑化対策に10年間取り組んでいる日本人青年や、25年間で300本ものポプラの木を植え続けた大学教授がいます。砂の流動を食い止め、植栽が困難な砂漠地帯に技術と献身的な労力をつぎ込んだ日本人の活躍があります。

日本ではそれほど認知されていない方々ですが、中国では他に2名を含めた日本人の紹介記事が新聞等で紹介されています。今後も世界的な砂漠緑化対策は不可欠となるでしょう。

地形が変化するアフリカの砂漠緑化

非常に強い風が吹くアフリカの砂漠は地形が大きく変化する事もあり、それが砂漠緑化を難しくしている事もあります。アフリカの砂漠緑化について考えるのであれば、その点を忘れてはいけないでしょう。

アフリカの砂漠緑化として、植物を植えるだけでは、風で飛ばされてしまいます。アフリカの砂漠緑化では他にも家畜が非常に多いため、食べられてしまうという事も考えないといけません。

アフリカの砂漠緑化を実現するためには、たくさんの問題を少しずつ解決していく必要があります。そして、費用や人の労力は無限にある分けではありません。

限られた範囲の中で環境対策を実現するには、ハードルが高いみたいです。

家畜の問題と砂漠緑化について

せっかく砂漠緑化を行う事ができたとしても、植物が家畜に食べられてしまう様では、定着しなくなってしまうため成功したとは言い切れません。砂漠緑化を実現するためには、植物を植えている場所に家畜を侵入させない工夫が必要になる場合があります。

砂漠緑化を行うには、植物を植えた場所を網や柵などを使って囲いを作るという事も必要です。砂漠緑化では、植えた植物をいかにして、成長させるかという事が問題となります。

一本の木が成長するまでに何十年という長い期間を必要とする事もあります。砂漠緑化を行うには、目先の事だけを考えるのではなくて、これから遠い先の事についても考えた上で対策が必要です。

砂の移動と砂漠緑化

すでに砂漠化してしまっている地域を見ると、非常に強い風が吹くために砂が移動して、常に地形が変化している場所もあります。その様な場所に砂漠緑化を行っても、種や苗は風で飛ばれてしまいます。

そのため、砂漠緑化はより一層難しくなります。砂漠緑化を行うには、風がどこかに飛んでしまう事がない様に、対策をしないといけない事もあります。

砂漠緑化と言えば、木を受けているシーンをイメージする人が多いと思いますが、砂漠緑化において本当に必要な対策というのは、そこからが大事です。そして、いつまでの人の手を必要とするのではなくて、何もしなくても自然環境を維持する事ができるというのが理想的です。

砂漠緑化についての関連記事

砂漠緑化に関するその他の情報はこちら。

メニュー

TOEICのハイスコアTOP TOEIC 英語翻訳 中国語翻訳 翻訳会社 ドイツ語翻訳 翻訳 磯焼け対策 砂漠緑化 藻場再生

大阪・東京の翻訳会社をお探しの方、砂漠緑化や磯焼け対策などの環境対策事業をお考えの東京や大阪の方は必見。

工夫して勉強する事で目指すtoeicのハイスコアでは、TOEIC対策やドイツ語翻訳や英語翻訳を依頼する翻訳会社についてや砂漠緑化と磯焼け対策といった地球環境についてのコンテンツも掲載しています。当サイトへのコンタクトはこちらまで。

TOEICについて

翻訳について

磯焼け対策と砂漠緑化

藻場再生や磯焼け対策などの海の環境保全、砂漠緑化などの温暖化防止は今の地球には必要です。日本にはこれを行うだけの技術と使命があります。

ページトップに戻る