信頼のできる翻訳は翻訳会社で

世界進出やグローバル化している企業が増え、WEBサイトやビジネス文書、各種証明書などの翻訳が必要なシチィエーションが増えてきています。

英語から日本語へ、日本語から英語へ翻訳するだけではなく、世界各国の言語を取り扱っている翻訳会社も増えてきています。

翻訳会社へ依頼する時は、見積りを出してもらう時に具体的な要望を伝えておきましょう。

費用だけではなく、サービス内容や対応スピードなどを比較して信頼のできる翻訳会社へ依頼しましょう。

テープ起こしを行う翻訳会社

書類やデジタル媒体などの文章を扱うだけが翻訳会社ではありません。翻訳会社の中には音声のデータからテープ起こしを行う作業からスタートしてくれる事もあります。

たとえば、何かの講演が英語で行われたが、内容を聞き取る事すらできないという場合には、翻訳会社に依頼してテープ起こしをしてもらいます。

そして、その文章を更に日本語にするという作業を翻訳会社が対応する事もある様ですね。翻訳会社に依頼する際には、どの様な状態にある文章を訳してほしいのか、もしくは納品をする際に、どの様な形式にしてほしいのかという事については、最初の打ち合わせの際に、細かく確認しておく必要があるかと思います。

タイの翻訳会社で国際結婚手続き

タイ語の翻訳会社の中には、ちょっと変わったサービスをしているところがあります。

長い歴史のある日系の翻訳会社ですが、翻訳サービス、通訳派遣サービスなどのビジネスサポートに加えて、国際結婚手続きの支援サービスも行っています。どんな手続きが必要なのか相談できるほか、煩わしいそれらの手続きを代行して行ってくれます。

長年の実績と、蓄積された豊富な知識で翻訳会社がサポートを行ってくれるため、タイと日本の国際結婚を考える方にとっては心強いよい味方です。煩雑で難しい手続きに時間を費やすことなく、幸せな結婚を円滑に成立させることができます。

翻訳会社に文書を渡す方法

何かしらの理由で翻訳会社に依頼をする場合、いくつか確認しておかなければならないことがあるのですが、その中でもどのような形で文書を渡すのかという点が重要になります。なぜなら、これによって依頼できるところが限られてしまう可能性もあるので、事前に確認しておきましょう。

最近増えてきたのが、データにしておくというもので、翻訳会社に渡すのもできたものを受け取るのも楽で良いですが、当然のことながらお互いにそのようなシステムを持っていることが前提になるわけです。他にも紙に印刷したものや、テープに吹き込んだものなとさまざまあるので、使いやすいところを選ぶと良いです。

翻訳会社の仕事と勤めるためには

翻訳会社とは、その名の通り様々な言語を翻訳する会社です。形態は様々ですが、社内に翻訳者がいる場合と外部の翻訳者に委託し業務を取りまとめている場合があります。どちらでも翻訳者には得意・不得意があり、翻訳にも微妙な違いが出てきます。翻訳会社は翻訳者の能力を見極め、適切な人を選ぶ能力が必要です。

翻訳家になるには資格が必須ではありませんが、最初のうちは英検やTOEICなど自分の能力がわかるものがあるほうが翻訳会社の求人募集に応募する際に有利になります。フリーランスの翻訳家の場合、平均年収をはるか超えるほど稼ぐ人もいますが副業として行う人もいます。

翻訳会社にはレベルの差もある

仕事をしている会社の中には、同じ業務を行なっていてもレベルの差が生まれることもあります。翻訳会社は、質の高さや翻訳している内容など、かなり違いが生まれることもあります。

できる限り質のいいものをお願いしたいと思っているなら、多くの会社が利用している上に、精度の高い翻訳をしてくれるところを選ぶことになります。ネット上でも宣伝している翻訳会社はかなり多くなっているものの、レベルの差はかなりありますので、しっかり情報を得なければなりません。

そしてどの程度の翻訳を希望するかによって、翻訳会社との相談も行っていく必要があります。

中国語翻訳と翻訳会社についての関連記事

翻訳会社が行う中国語翻訳に関するその他の情報はこちら。

大阪・東京の翻訳会社をお探しの方、砂漠緑化や磯焼け対策などの環境対策事業をお考えの東京や大阪の方は必見。

工夫して勉強する事で目指すtoeicのハイスコアでは、TOEIC対策やドイツ語翻訳や英語翻訳を依頼する翻訳会社についてや砂漠緑化と磯焼け対策といった地球環境についてのコンテンツも掲載しています。当サイトへのコンタクトはこちらまで。

ページトップに戻る