砂漠緑化活動

農業にもノウハウが必要になってきますが、実は砂漠緑化においてもノウハウが必要になってくるそうです。

元々栄養が豊富な土地に植物を植えるのであれば、そんなに苦労はしないかもしれません。

しかし、砂漠という悪条件の中で砂漠緑化を行って、自然をよみがえらせるというのは容易な事ではありません。

砂漠緑化を成功させるために、たくさんの専門家などの意見などをふまえながら行われているそうです。

そうする事で効率化を図る事ができるでしょう。

海外で規模が大きな砂漠緑化活動を行うのであれば、現地の人でお手伝いをしてくれる人も探さないといけないかと思います。

最新のテクノロジーなどもどんどん盛り込まれる事でしょう。

砂漠緑化の一環として行う土壌改良

森林の土と砂漠の土では比べてみると全く違います。森林の土は水分を多く含んでいます。砂漠に砂漠緑化として植林をしても、そのままでは育たない事もあります。

ですので、砂漠緑化は土壌改良を行う所からスタートしないといけない事もあります。砂漠緑化は人の努力も大事ですが、専門家の知識やアイデアなども必要になって来るかと思います。

砂漠緑化に向けて世界中であらゆる取り組みが行われています。土壌改良の中には納豆を活用した方法なども開発されている様です。

砂漠緑化は、思いもよらない様な意外な方法で実現できる事もあるかもしれません。今日も、世界のあちこちで多くの人が森林を再生するために頑張っています。

みんなの力が必要な砂漠緑化

地球上で砂漠となっている地域は少なくありません。
また、砂漠は人為的な要因によって広がっているのが問題だと思われます。砂漠緑化に向けて国を超えて、たくさんの人が力を合わせないとなかなか解決するのが難しい問題であると思われます。

砂漠緑化をするためには、多くの人が関心を持つ事も大事でしょう。そうすると、砂漠緑化の活動はますます盛り上がり、実際にアクションを起こす人も増えると思われます。

砂漠緑化に携わる人は多ければ多いほど好ましいと思われます。

砂漠緑化を進める事で、食糧危機などの問題を解決するという事にもつながるのではないかと思います。環境については、いい循環が続くといいですね。

砂漠緑化に役立つ灌漑の方法

砂漠緑化とは、砂漠に草木を植えることや、それらが育つような試みを行うことです。地表灌漑は導入コストが安く維持しやすいメリットがあるものの、十分な水源が必要不可欠になります。また、地形などの制約もあり、得た水の損失も大きく場所を選ぶ方法です。

散水は比較的コストが安い方法ですが、蒸発で水が大きく損失される可能性もあります。しかし大規模な草地や農地を造る場合に効果的です。点滴は他の灌漑方法に比べると水の損失が少ないのが特徴です。反面、設置や維持にかかるコストは高くなります。砂漠緑化においては、水の確保が困難な場所でも樹木を育てることが可能な方法です。

アジア大陸の砂漠緑化活動について

流動化したアジア大陸の砂漠を緑化するために、砂の移動を固定する作業がおこなわれています。中国には「草方格」とよばれる技術があり、草や枝などをマス状の地面に差し込んで、砂の移動を抑制させることができます。植物の根が砂を固定することで砂地が安定し、数年後には緑地が拡大して緑豊かな土地へと生まれ変わるといわれています。

このような砂漠緑化活動によって、これまで利用されていなかった土地に草が生い茂ることで、牧畜業がおこなえるようになり、現地の人々が自立した生活を送れるようになります。

砂漠緑化活動は、現在アジア大陸のほかにも世界各国でおこなわれています。

日本の伝統の技術を使って砂漠緑化が成功

一つの例を挙げます。アフガニスタンのガンベリ砂漠は、およそ10年の年月をかけて砂漠緑化に成功しています。これは、日本の人道的支援で、医師が中心となって行った事業です。

どのようにして砂漠緑化を成功に導いたかというと、灌漑用水を建設する事で、たとえ、洪水や干ばつであっても、安定して水を供給できるようにしたためです。農業が安定し、生活環境が向上する事で、そこに住んでいる人々の健康や治安も向上しました。

灌漑用水路は、川辺にやなぎの木を植えて、張ってきた根で岸を補強するのです。その結果、農産物も増えて、農地も拡大しました。砂漠緑化により環境が整うにつれて、次第にモラルも改善されました。

磯焼け対策や藻場再生事業

磯焼け対策や藻場再生、酸性土壌の緑化や砂漠緑化など環境問題に取り組む事業を行う企業について知ろう。

公園施設や遊具を扱う株式会社タイキ
〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号

砂漠緑化はどのような工事をするのか

とても広い砂漠なのかで、砂漠緑化するには高度な技術が必要です。緑化する範囲を選定し、位置が決まればラクダなどの家畜や、野生動物からの食害から樹木を守るために、周囲に有刺鉄線やフェンスを設置します。

緑化に必要な水は、地下水を利用するために井戸を掘ります。井戸を掘る事ができたら、全体にいきわたらすために、配管工事を行います。配管工事が終われば、基盤整備は完了です。

苗木の選定を行っていきますが、その地域の土壌に適している、苗木を選択しなくてはいけません。砂漠緑化で一番難しい作業です。選定が出来れば植栽して完了です。数年後には緑豊かな地域となります。

砂漠緑化についての関連記事

砂漠緑化に関するその他の情報はこちら。

大阪・東京の翻訳会社をお探しの方、砂漠緑化や磯焼け対策などの環境対策事業をお考えの東京や大阪の方は必見。

工夫して勉強する事で目指すtoeicのハイスコアでは、TOEIC対策やドイツ語翻訳や英語翻訳を依頼する翻訳会社についてや砂漠緑化と磯焼け対策といった地球環境についてのコンテンツも掲載しています。当サイトへのコンタクトはこちらまで。

ページトップに戻る