TOEIC試験

試験時間が長いTOEICの試験

説明の時間などを除いてTOEICの試験は2時間あります。実際に試験を受けて見るとかなり長く感じる事もあるでしょう。

これだけ時間があるなら、ゆっくり解いても大丈夫だろうという油断は禁物です。これだけ試験の時間が長く取られていても時間がなく、困っている人もいます。

また、集中力が途中で切れてしまう事もある様です。普段、勉強する時も2時間は連続して勉強してみるなど、長時間集中する事に慣れておいた方がいいでしょう。

途中でお手洗いに行きたくなる人もいる様です。
休憩の間に必要な事はすべて済ませておきましょう。

TOEICの試験会場は大学などを利用する事もありますので、迷った時のことも考え、早めの到着を目指しましょう。

効果的なTOEIC勉強法とは

ただやみくもに英語を勉強したらTOEICでハイスコアが取れるという事でもない様です。英語と言っても、その範囲は非常に広くすべてを網羅するというのは非常に難しいと言えるでしょう。

試験を受けるのであれば、それぞれの試験の傾向をしっかりと把握して、どんな勉強をすれば効果的なのかを一度考えてみましょう。分からないという人におすすめのTOEIC勉強法は過去問を解くという事です。

過去問は傾向をつかみやすいという意見が多いみたいです。できれば、時間を測って本番と同じ時間内に回答できる様にすると、試験がどんなものであるのか知る事ができるでしょう。

実践に近いスタイルで学ぶTOEIC勉強法はいいかもしれません。

学校に通い行うTOEICの学習

自宅学習だけでTOEICの対策をする人もいる様ですが、学校に通い対策をする人もいる様ですね。

学校に通うとお金はかかりますが、いい事も多いかと思います。また最近では英会話教室がTOEICを行っている事も多く、駅の近くにある場所などで楽に通学しながら勉強する事もできる様ですね。

まず、学校に通うといろんな環境で学習する事ができますので、勉強が行き詰ってしまってどうしようもない時にもいいかと思います。気軽に質問して分からない箇所について教えてもらう事ができるでしょう。

また、周りに生徒がいますので、TOEICスコアを競争する事もできるでしょう。
結果としてモチベーションを保てるかと思います。

就職活動で活かすTOEIC

海外留学や滞在経験があればTOEICで高得点をとれるかもしれません。

ですが、普段から英語に触れる事があまりない人にとって、それなりに時間をかけてコツコツと勉強していかないとTOEICで高得点をとることは難しいでしょう。

最近は海外進出している企業や外資系の企業と取引をしている企業が多いため、就職時にTOEICの得点を重要視される場合があります。

TOEICで高得点をとって就職活動に活かしましょう。

語学力アップに利用したいTOEIC

語学の勉強というのは長い道のりである場合が多く、何年もかけて少しずつ上達していく事が多いのではないでしょうか。時には、上達が伸び悩んだりする事もあるかもしれません。

長く勉強を続けていると次第にマンネリ化してきて、勉強に対するやる気が下がってしまう原因にもなりかねません。そこで、TOEICの試験を利用して、常に高い目標を持って勉強ができる様にしてみてはどうでしょうか。

きっと励みになると思います。試験となると緊張する事もあるかと思います。
だらだらと勉強するのではなく、TOEICを受ける事でメリハリを付けて学ぶ事ができるでしょう。

常に少しずつでも語学力アップをしていきたいですね。

TOEICの試験当日に行う対策

試験の当日になると、もうできる事は少ないだろうという事で対策については少し諦めモードになってしまう人はいませんか。しかし、TOEICでは試験が終了するまでが勝負です。ぜひ、最後まで諦めないでがんばりましょう。

TOEICの試験当日に行った対策というのは頭に残っている可能性はかなり高いかと思われます。テキストをしまう様に指示があるまではできるだけ単語を見ておくなどしておきたいですね。マークシートですので、すばやくマークできる様に先端が細いシャーペンよりも、鉛筆の方がいいという人もいる様です。

使いやすいと思う筆記用具をしっかりと揃えておく様にしたいですね。
使いなれた物がおすすめです。

目標スコアを定めてTOEIC

何度か過去に出題された問題などを解いているとTOEICを受験した事がない人であっても、おおまかな自分のレベルというのは把握できるのではないでしょうか。

自分のレベルが分かった所で、次にTOEICを受ける時には、目標スコアをあらかじめ決定しておいて勉強すると、勉強する時にも集中できそうですね。たとえ達成できなかったとしても、より高いレベルを目指す事ができるでしょう。

目標とするスコアはちょっと高めに設定しておいた方がいいかもしれません。

すぐに達成できる様なスコアであれば、物足りないと感じるでしょう。

少しでも高いスコアを獲得し、そのためのやる気を引き出すためにいろいろ工夫し、改善しましょう。

TOEICとは

Test of English for International Communication(国際コミュニケーション英語能力テスト)の頭文字をとってTOEICと呼びます。

英語は世界中で使われている言語ですが、母国語としない国はたくさんあります。日本もその一つです。そういった人達を対象として英語のコミュニケーション能力を検定するための試験がTOEICです。

現在では約120カ国で年間約600万人以上の人が受験しており、身近な事柄からビジネスに関連する事柄まで、幅広くコミュニケーションを行う能力を測る目的で作られています。

TOEICについての関連記事

TOEICに関するその他の情報はこちら。

大阪・東京の翻訳会社をお探しの方、砂漠緑化や磯焼け対策などの環境対策事業をお考えの東京や大阪の方は必見。

工夫して勉強する事で目指すtoeicのハイスコアでは、TOEIC対策やドイツ語翻訳や英語翻訳を依頼する翻訳会社についてや砂漠緑化と磯焼け対策といった地球環境についてのコンテンツも掲載しています。当サイトへのコンタクトはこちらまで。

ページトップに戻る