近年増えている磯焼け対策と藻場再生

植物は陸の上にだけ生息するものではありません。海の中にもたくさんの植物が生息しています。特に日光が直接届く比較的海岸に近い浅い部分ではたくさんの植物が生息しています。

しかし、逆に「磯焼け」とゆって昆布やわかめなどの海藻が死滅してしまう現象が近年増えています。原因はさまざまな要因があり、はっきりとは決まっていないようですが、水質汚染などもふくまれているようです。

そんな磯焼け状態になってしまった場所を再生させるため藻場再生の工事が行われています。自然海は繊細なバランスで成り立っていますので、海での緑化もすすんでいけたら良いなと思います。

環境が破壊された事によりこれらの植物は減少している地域もあります。そうなれば、その植物を餌としている生き物も食べる物がなくなります。少しでも藻場再生で環境をよくする事が求められています。

磯焼けの状態を元に戻す藻場再生

皆さんは磯焼けという言葉を知っていますか。

私も初めて聞いた言葉だったのですが、これは、本来であれば海の中でも日光が届く範囲を中心に藻やコケなどの植物がたくさん生い茂っているのですが、環境に問題があるために、植物がいなくなってしまった状態の事を言います。その問題を対処するために藻場再生というのがあります。

藻場再生は、効率のいい方法が模索されていて、現在も改良され続けているようです。
知らない間に環境が失われてしまうという事もありますが、藻場再生を行うなどして元の自然の状態を復元するというのは本当に困難な事でしょう。

環境を取り戻すのではなくて、失わない努力もしたいものです。

磯焼け対策は海を守るための課題

磯焼けとは、魚の産卵や育成に重要な藻場が死滅してしまうことをいいます。

藻場は魚の産卵や育成だけでなく、水質の浄化や光合成による酸素の生成などをする海の中でも大切な場所です。磯焼けが起こる原因には様々なものがあります。海水の温度の上昇、埋め立てによる水質汚染、食害生物の増加などがあげられます。

大切な藻場を守るために、全国各地で様々な磯焼け対策が行われています。

藻場の生産力向上や食害生物の軽減、観察や環境のモニタリングなども実施されています。豊かな自然を守るために、磯焼け対策は欠かすことの出来ない今後の大きな課題です。

コンブをよみがえらす磯焼け対策

磯焼けとは、サンゴモと呼ばれる硬い殻のような海藻が、海底の岩を覆いつくしてしまう状態で、重大な環境問題となっています。

磯焼け対策を行わないでいると、海岸に生えるコンブやワカメ、その他多くの海藻が減少し、最終的には不毛の状態となります。コンブなどの海藻類は生態系を支える役割があり、水を浄化したり海中に酸素を供給することで、魚類や甲殻類などの産卵場所や住み家が作られます。

磯焼け対策は、磯焼けの原因がはっきり特定されていないため、対症療法としての対策が主です。現在では藻類が付着できるコンクリートブロックの設置など、様々な対策が行われています。

磯焼け対策とテトラポッドの関係とは

磯焼け対策には、テトラポッドが不可欠です。磯焼けとは、海岸で昆布を始め、ワカメなどの多くの海藻が大幅に減少する事をいいます。それに伴い、海藻類を食料にしていた魚も寄り付かなくなります。

磯焼け対策には、それらの原因の元になっている海藻類の量を元に戻すために、テトラポッドや石などを沈めていきます。これにより、藻場が繁殖しやすくなり、海藻類は復活して、それに伴い魚も戻ってきて理想的な自然環境に近づけます。海藻類は、海の浄化作用があるので、海水の汚濁を取ってくれて、魚が住みやすくなり、好循環に繋がります。

藻場再生における磯焼け対策とは

海岸に海苔やわかめ、昆布という物があるのが当たり前と思っているという方にとって、常識を変えなくてはならない現状が存在しています。今まで当たり前にあった海苔やわかめ、昆布などが突如として姿を消したという状況も各地で見られています。そのような状況を打破するため、藻場再生や磯焼け対策と言う事業が行われています。

再生への取り組みは少しずつ結果が出されており、磯焼けが起こり、従来生息してきた海藻類が減少することに対する原因究明や、磯焼け対策、コンクリートブロックが海底に設置されるなど、様々な工夫が専門的知識を有する方々によって行われています。

磯焼け対策と藻場再生についての関連記事

磯焼け対策と藻場再生に関するその他の情報はこちら。

大阪・東京の翻訳会社をお探しの方、砂漠緑化や磯焼け対策などの環境対策事業をお考えの東京や大阪の方は必見。

工夫して勉強する事で目指すtoeicのハイスコアでは、TOEIC対策やドイツ語翻訳や英語翻訳を依頼する翻訳会社についてや砂漠緑化と磯焼け対策といった地球環境についてのコンテンツも掲載しています。当サイトへのコンタクトはこちらまで。

ページトップに戻る