TOP 砂漠緑化

砂漠緑化のもくじ

  1. 砂漠緑化
  2. 長い年月がかかる砂漠緑化
  3. 砂漠緑化の一方で広がる砂漠
  4. 海外で行われる砂漠緑化
  5. いろんな環境で行われる砂漠緑化
  6. 砂漠緑化に求められている技術とは
  7. 砂漠緑化において考えられること
  8. 砂漠緑化に必要なものは
  9. 砂漠緑化のメリットと弊害について
  10. 砂漠緑化はどのような所で行われているのか
  11. 問題の原因と砂漠緑化
  12. 強風と砂漠緑化
  13. 砂漠緑化で動物を増やす
  14. 育てる事が大事な砂漠緑化
  15. 砂漠緑化を進めたいアジアとアフリカの砂漠化要因と面積
  16. 地域で異なる砂漠緑化

砂漠緑化

近年、砂漠化が深刻な問題になってきています。極端に降雨が少なく、砂や岩石の多いのが砂漠であり、年間降雨量が250mm以下の地域、や降雨量よりも蒸発量の方が多い地域などが砂漠と言われています。

植物がほとんど生息せず、水分も少ないため、気温の日差が激しいのが特徴の一つと言われています。

最近では、地球の環境保護の一環として砂漠緑化が行われております。発展途上国などでは先進国の支援のもと砂漠緑化が推し進められています。

長い年月がかかる砂漠緑化

開始したとしても、すぐに砂漠緑化は実現できない事もあります。というのも、木が生い茂る森林にするために、長い年月がかかる事もあります。

砂漠緑化は、木を植える事だけでなく、そこからが長い道のりになる事も多いようです。

1本の木が大木へと育つには何十年もかかる事もありますので、砂漠緑化をするという事を考えると、かなりの労力が必要になるという事が予想されます。砂漠緑化ができると、動物などもやってきていい循環となる事も予想されます。

砂漠緑化は砂漠の地域が広がってしまう前に少しでも早く取り掛かる方が好ましいと思われます。自然環境を保護するためにも、自分にできる事を行いたいです。

砂漠緑化についての関連記事

砂漠緑化に関するその他の情報はこちら。

砂漠緑化の一方で広がる砂漠

近年では砂漠緑化に注目が集まっており、また砂漠緑化を行う人も少なくありません。しかし、その一方で焼き畑農業や森林伐採を行う人もおり、彼らはまたそれらを仕事としているので、ストップすると生活できなくなるという問題もあります。

砂漠緑化をする事も大事ですが、焼き畑農業や森林伐採をしなくても生活できる様な環境を整えるという事も必要なのかもしれません。

砂漠緑化をしながら、砂漠化の原因となっている問題を解決する事も欠かせないでしょう。たくさんの人がいろんな方向から砂漠緑化に向けて努力をする事で、きっといい結果が得られる日がやって来るのではないでしょうか。一日も早く実現できるといいですね。

海外で行われる砂漠緑化

国内ではあまり大きな砂漠はないかもしれませんが、海外にはあります。砂漠緑化は海外で行われる事もあり、砂漠緑化に携わりたい人は、ボランティアの団体などに所属して、彼らと共に行動する事も多い様です。

しかし、現地で砂漠緑化を実際に行う人ばかりではなく、影で砂漠緑化を支える人もいます。

最新のテクノロジーを活用して、いかに効率的に砂漠緑化を行う事ができるのかという事について考え、実用化を目指す企業などもある様です。技術が進歩すると、緑を増やす事は実現しやすくなると思われます。また、また緑を増やすのと同時に、これ以上砂漠となっている地域が広がる事がない様に努力をするという事も大事ではないでしょうか。

いろんな環境で行われる砂漠緑化

完全に砂漠化してしまっている地域に砂漠緑化を行う事は言うまでもなく大事だという事が考えられます。

しかし、完全に砂漠になっている地域だけではなく、植物が少しある状態の地域にも砂漠緑化を行わないといけないという事も考えられます。

また、これから砂漠化しそうな地域を事前に阻止して、砂漠緑化に努めるという事も大事です。いろんな環境の土地に砂漠緑化を行うという事が必要になって来るのではないかと思います。

完全な砂漠地域を砂漠緑化するにはかなりの手間がかかるので、砂漠になる前に何か対策を行う事ができ、予防できるというのが理想的ですね。地球環境を少しでもいい状態に保つ事ができればいいですね。

砂漠緑化に求められている技術とは

世界各地の環境問題の中でも特に深刻なのが森林の破壊と砂漠化であり、これらの問題解決に役立つのは砂漠緑化の技術です。

一度砂漠になってしまった地域に緑を取り戻すためには、生態系についての研究を十分に行ってから、砂漠緑化の計画を立てるべきです。

特に最適な植物を選ぶことや、塩害などのリスクを回避しながら、効率的に灌漑を行う技術の確立が重要です。そのためには先進国が環境問題で悩む国々に援助を行うことも重要ですが、砂漠化で悩んでいる国家が主体的に問題解決に取り組む姿勢も肝心です。また緑化には時間がかかるので、長期的な視野に立って計画を実行に移すのが理想的です。

砂漠緑化において考えられること

砂漠緑化とは、砂漠に草木を植えるなど自然植物を増やし、育てる計画を生み出すことで自然が豊かな環境へ目指される事です。近年では、関連する運動やキャンペーン等、全国各地で様々な動きが見られます。

大規模な事業として世界的に砂漠緑化の目標や取り組みが掲げられることも多く、ボランティア活動などを通じて成果が報告されているケースもあります。

また国際的な交流や、グループ同士の取り組みの発展など、一つの砂漠緑化活動を通じて様々な人間関係が生み出されることもあります。同じ目的を一緒に達成することで生まれる絆が、また新たな取り組みへと発展します。

砂漠緑化に必要なものは

砂漠には水がなく、緑を育てるだけの環境が揃っていません。砂漠緑化事業を進めるためには、水源の確保が非常に大事です。これはどこかにある水を使って、草花に栄養分を補わせる必要があるからです。

水がないと生きることができない植物は、とにかく初期の段階でしっかりと水を確保して、必要な時に与えられる状況を作ることが大切です。そのため砂漠緑化を行っている会社は、現地でも水をどのように確保できるのか考えて、できることなら設備を使わなくてもいい方法を考えます。それでも厳しい時には、海水を淡水に変える機械を使い、水源を確保しています。

砂漠緑化のメリットと弊害について

砂漠緑化 はメリットばかりだと思っている方が多いかもしれませんが、100パーセントいいことばかりというわけではありません。砂漠を緑の大地にする事の何がいけないのかといいますと、生態系が壊れてしまう弊害があります。砂漠には、砂漠にのみ適応して生きている生物がいるからです。

とは言っても、それは最初からずっと砂漠であった場合のみです。長いこと緑に覆われた地域であったのが、人為的な理由で砂漠化したという事であれば、砂漠緑化プロジェクトを行い緑を取り戻す事に何の害もありません。むしろ、もとの緑におおわれた状態に戻す事が、地域の方にとっては特にメリットになります。

砂漠緑化はどのような所で行われているのか

砂漠緑化は、特にアフリカ地域で多く行われています。アフリカは、干ばつ地域が多く、雨が降らないので植物が育たず、どんどん砂漠化が進んでいます。

砂漠緑化をするには、植物を育てないといけないですが、ただ植物を植えるだけでは、水が無いので枯れてしまいます。その地域の土壌を調べ、どの植物が適しているのかを見極めて、植物を植えていきます。

アフリカ以外にも、モンゴルも砂漠化が進んでいるので、砂漠緑化プロジェクトが進んでいて、砂漠に井戸を掘って、自動で水を撒く機械を設置したり、植物を植えたりしながら、緑化を少しずつしています。

問題の原因と砂漠緑化

なぜ砂漠緑化が必要となるまで、砂漠化が広まってしまうのかという事に関してですが、それは木や植物を必要以上に伐採しすぎてしまっている事が問題の原因となっている事もあります。

木を植えて育てるという砂漠緑化も必要ですが、これ以上砂漠緑化をしなくてもいい様に、伐採しすぎないという事も必要となるでしょう。

問題の原因を考えた上で砂漠緑化を行うと、結果につながりやすくなります。

もちろん、砂漠緑化では人が自らの手で実際に対策を行う事も欠かせませんが、あらゆるアプローチで行う事で、目標に近づくでしょう。詳しい状況について把握している専門家や現地の人の協力が必要となる場合もあります。

強風と砂漠緑化

何らかの原因で砂漠化してしまった場所に砂漠緑化を行う場合、ネックとなる問題の一つに強風があります。

砂漠では強い風がふく事もあり、砂漠緑化として植物を増やす際に、定着しないという問題点もあります。砂が風により飛ばされてしまいます。

強風により、砂漠地帯の地形が変化するという事も珍しい事ではありません。
そのため、土壌を改良するという事も砂漠緑化の課題となります。

砂漠緑化には、いろんな問題点があり、それらをクリアしていく事で、最終的に緑を増やし、成功させる事ができるでしょう。砂漠地帯が、過酷な環境であればあるほど、砂漠緑化において解決しないといけない問題がたくさんあります。

砂漠緑化で動物を増やす

緑を増やすための砂漠緑化というのは、植物によって生息しやすい環境を整える事ができるばかりでなく、動物にとっても暮らしやすい環境となります。

砂漠緑化を行う事によって、草木が生い茂った場所というのは、動物にとってもいい環境と言えるでしょう。そのため、何としても、砂漠緑化を行って、成功させる必要があります。

砂漠緑化で動物が戻って来るまで対策をするには、植物がある程度成長しないといけませんので、ある程度の時間が必要となります。

時には、砂漠緑化は長い道のりとなる事もありますが、私たちがすべき事を一つずつ前へと進めていく必要があります。
みんなが、自分のできる事を行う事が大事です。

育てる事が大事な砂漠緑化

植物を植えた後には、成長するまで育てる必要があり、それも砂漠緑化の一環として大事な事と言えます。

大木となれば育つまでに非常に長い時間を必要としますので、砂漠緑化では大事な事です。

また、砂漠緑化ではボランティアとして活動を行う人もいますが、砂漠緑化のための活動は一時的ではなく、長期スパンで必要となる事が想定されます。

そして、砂漠緑化が順調に進んでいない場合には、その対策を行う事も必要になります。数十年やそれ以上の長い年月をかけて、少しずつ環境は変わっていきます。環境が元に戻るには長い時間がかかるため、成功したいと言えるのは、まだまだ先であっても、前に進む事が大切でしょう。

砂漠緑化を進めたいアジアとアフリカの砂漠化要因と面積

砂漠緑化を考えるために、その砂漠化要因と面積についてみてみましょう。

砂漠化の原因については、森林伐採や放牧による人為的要因と気候変動による干ばつや乾燥化といった気候的要因とに分けることができます。ここではアジアとアフリカの人為的要因による乾燥地域の土地劣化について比較してみましょう。

アジアの乾燥地における土地劣化と要因

面積(ha)過放牧(%)森林減少(%)過耕作(%)過開拓(%)
370,300,00032.130.126.111.4

環境省砂漠化対策参照
資料:WORLD ATLAS OF DESERTIFICATION SECOND EDITION (UNEP, 1997年)

アフリカの乾燥地における土地劣化と要因

面積(ha)過放牧(%)森林減少(%)過耕作(%)過開拓(%)
319,400,00057.85.819.516.9

環境省砂漠化対策参照
資料:WORLD ATLAS OF DESERTIFICATION SECOND EDITION (UNEP, 1997年)

地域で異なる砂漠緑化

あらゆる場所で砂漠化してしまっています。

砂漠化しており、砂漠緑化が必要だという事については、共通していても、それぞれの地域によって環境はかなり違っている事もあります。

そのため、世界中の砂漠に対して、すべて同じ砂漠緑化を行っているだけでは、適切な対策ができているとは言えない事もあります。

地域によって、必要とされている砂漠緑化は異なる場合もあります。調査を行う事も砂漠緑化の一環として必要となります。

他の砂漠で実践されている砂漠緑化を、そのまま取り入れたとしても環境に合わない場合には、定着しない事もあります。特に海外など遠く離れた場所となれば、環境も多いに異なると予想されます。

メニュー

TOEICのハイスコアTOP TOEIC 英語翻訳 中国語翻訳 翻訳会社 ドイツ語翻訳 翻訳 磯焼け対策 砂漠緑化 藻場再生

大阪・東京の翻訳会社をお探しの方、砂漠緑化や磯焼け対策などの環境対策事業をお考えの東京や大阪の方は必見。

工夫して勉強する事で目指すtoeicのハイスコアでは、TOEIC対策やドイツ語翻訳や英語翻訳を依頼する翻訳会社についてや砂漠緑化と磯焼け対策といった地球環境についてのコンテンツも掲載しています。当サイトへのコンタクトはこちらまで。

TOEICについて

翻訳について

磯焼け対策と砂漠緑化

藻場再生や磯焼け対策などの海の環境保全、砂漠緑化などの温暖化防止は今の地球には必要です。日本にはこれを行うだけの技術と使命があります。

ページトップに戻る