英語翻訳の仕事

特許分野においては、英語翻訳の仕事が非常にたくさんあります。
仕事のチャンスは常にあると考えていいでしょう。

しかし、特許分野の翻訳を担当するには、高い英語力だけでは訳したり、内容を理解することが非常に困難になっています。

通常、工学部などの修士号や博士号を持っている人でなければ、これらの仕事を得ることは非常に難しいと言っていいでしょう。

逆に言えば、工学部などで博士号を取得し、英語力が極めて高い人は、常に仕事の引き合いがあり、ライバルも少ないことから、比較的良い待遇で仕事を得られるというメリットがあります。

品質管理を行う翻訳会社

時として、翻訳会社に対して品質を求める顧客もいます。社内文章を翻訳会社に依頼する際には、それほどのクオリティは求められない事もありますが、そのまま顧客に提出する書類を翻訳会社に依頼する場合には、やはりビジネスの場にふさわしい言葉遣いが求められる事もあるかと思います。

ですので、翻訳会社は品質管理を行わなくてはいけませんので、そのためにネイティブのスタッフが細かく文章をチェックする事もある様です。

ネイティブが在籍している翻訳会社が対応してくれる場合には、ごく自然な文章に仕上げるという事も可能かと思われます。何と言っても文章の用途を考慮する事は非常に重要であると思われます。

テキストで英語翻訳を学習できます

日本では国際的に活躍する人を育成するために、様々な活動を行っています。具体的にはコミュニケーションをとる中で必要な、英語などの語学力をアップする方法があります。

語学力が堪能だと就職が有利に働きますし、海外旅行に行った時は通訳に困ることがないので、快適に自分の言葉で伝えることができます。

語学の勉強は難しくてわからないという人は、専門学校や書店にあるテキストなどで、自分に合った学習方法を見つけられるはずです。

そこでお勧めしたいのは英語翻訳で、まさに地球で一番使われてる言語であり、あらゆるビジネスで活用できます。

英語翻訳を依頼する際の原稿を工夫しよう

企業のグローバル化が進み、メールや説明文、報告書など、さまざまなものが英語でやり取りされる時代となりました。しかし、普段、業務で使う程度の英語なら苦労なく使いこなせる方でも、専門的な文書の英語翻訳となると難しいものです。

また、たとえ専門的な知識があっても、翻訳する量が多い場合は、自分で翻訳作業を行うよりも、専門の翻訳会社に依頼したほうが、業務の効率化を図る上でよい場合もあります。

実際に翻訳会社へ英語翻訳を依頼する場合は、原稿をメールなどで送ることになりますが、原稿のレイアウトや翻訳作業をしやすくするための工夫をすると、スムーズにやり取りができます。例えば、翻訳してほしい部分に色を付けたり、業界用語をあらかじめ指定しておくことで、作業のスピードや正確性が向上し、結果的に依頼する側にとっても楽になります。ぜひ工夫してみましょう。

英語翻訳の際には発音もチェックを

英語翻訳は文章をそのまま貼り付けて、クリックするだけで直訳をしてくれるウエブサービスを利用できます。難しい文章でなければおおよその意味を把握することができますし、時間がかからないので便利です。

難しい単語については辞書をチェックして、発音を同時に学んでおくのがおすすめです。英語翻訳については単語、フレーズで意味が変わってくることがありますので、ウエブサービスを利用した場合には違和感を感じる訳があれば自分で調べておくことも大切です。文章を発音してくれるサービスを利用しておくことで、英語の語感もチェックできます。

スポーツ選手と英語翻訳

英語翻訳というと映画や本の翻訳のイメージが非常に強いですが、実はそれだけではなくて普段読んでいるニュースなどでも翻訳家の人が活躍しています。

例えばスポーツ選手などのインタビューなど、好きなスポーツでしたら読みますよね?しかし原文は本来英語のはずです。それを翻訳家の人は日本語に訳して、実際に聞いた会話を私たちに伝えてくれています。

日本にも方言があるように、英語にも方言があります。その微妙な感じを英語翻訳で伝えるのは非常に難しいそうです。短いニュースの中にも翻訳家の人の丁寧な仕事が詰まって、できあがっているのです。

英語翻訳についての関連記事

英語翻訳に関するその他の情報はこちら。

大阪・東京の翻訳会社をお探しの方、砂漠緑化や磯焼け対策などの環境対策事業をお考えの東京や大阪の方は必見。

工夫して勉強する事で目指すtoeicのハイスコアでは、TOEIC対策やドイツ語翻訳や英語翻訳を依頼する翻訳会社についてや砂漠緑化と磯焼け対策といった地球環境についてのコンテンツも掲載しています。当サイトへのコンタクトはこちらまで。

ページトップに戻る