TOEICの学習

スケジュールを考えてTOEICの学習

頻繁に開催される試験ですが、いつ開催されるTOEICを受験するのかという事をまず最初に決定します。どうしても、予定があわない場合には、また別の機会に受験するといいでしょう。

試験日が決まれば、後は試験当日に一番高いスキルを身につけられる様にスケジュールを考えましょう。

私が個人的におすすめしたい方法としては、リスニングは慣れるのに時間がかかりますので、毎日少しずつ行います。そして、最初は文法や読解など習得に時間がかかりそうなものから手を付けます。

TOEICの試験が近付いてくると、次第に暗記が必要なフレーズや単語などを覚える様にします。

皆さんも自分なりに対策を考えて勉強してはどうでしょう。

TOEICの得点と英会話レベルの関係

TOEICの得点と英会話力にはある程度の相関関係があります。当然、TOEICで高得点を取っている人の方が英会話力が高い傾向があります。

ただし、TOEICで高得点を取っていても英語がほとんど話せない人もいますし、逆に、英会話ができてもTOEICで高得点を取れない人もいるので注意が必要です。

高得点なのに英会話ができないのは、聞き取りはできるが話す訓練をしていないからです。聞き取り力と作文能力のレベルがアンバランスなためにこのようなことが起こっています。

逆に会話はできるが、得点が低い人は、文法などが無茶苦茶でブロークンな英語を話している可能性が高くなっています。

転職に役立てたいTOEIC

ここ何年かは昔の様に終身雇用が整っておらず、転職を行うという事もよくあります。

しかし、より条件のいい会社に転職したいという人や、自分の希望通りの会社に転職したいという人はTOEICで高いスコアを取っていると、採用してもらえる可能性は少しでも高くなる事でしょう。

業種によっては全く英語が必要ない場合もあります。そのため、業務の中で英語が必要になる会社に転職する際には、TOEICのスコアをアピールポイントにしたいですね。

また、英語で入社の面接が行われる事もある様ですね。転職したいと思う業種や会社はどの位のレベルの英語力が求められるのかを調べて、達成できる様に努力を続けたいですね。

TOEICの資格試験の学習法とは

英語の資格といえば何を思い浮かべるでしょうか。現在人気のある英語の資格としてはTOEICが挙げられます。

TOEICは就職活動や留学をする際の英語力の指標として広く扱われています。そこで、TOEICで高得点を出すにはどのようにしたらいいのか、一般的な学習法についてご紹介します。

語学においては、まず単語力が重要になってきます。中学レベルの単語から高校レベルの単語、はたまた難しい単語まで様々あります。

とても多い単語を闇雲に覚えるのはとても骨が折れることです。

ですから、資格試験でよく使われる頻出単語を徹底的に覚えることをオススメします。頻出単語の学習が語学学習において最重要と言っても過言ではありません。

TOEICについての関連記事

TOEICに関するその他の情報はこちら。

大阪・東京の翻訳会社をお探しの方、砂漠緑化や磯焼け対策などの環境対策事業をお考えの東京や大阪の方は必見。

工夫して勉強する事で目指すtoeicのハイスコアでは、TOEIC対策やドイツ語翻訳や英語翻訳を依頼する翻訳会社についてや砂漠緑化と磯焼け対策といった地球環境についてのコンテンツも掲載しています。当サイトへのコンタクトはこちらまで。

ページトップに戻る