砂漠緑化事業を進める大阪の会社

大阪の会社は事業として砂漠緑化を行い、世界的な二酸化炭素の排出量を削減すること、そして多くの地域で温暖化を防止しようという手法が取られています。この方法に成功すると、かなりの温暖化対策が期待できて、しかも砂漠地帯が解消されます。

徐々に広がると言われる砂漠地帯は、これから対策をするのが難しくなります。そこで今からでも行える方法を使って、会社として展開しているのです。日本の大きな会社も参入して、実際に現地で作業をしながら頑張っています。ある程度の成功が期待できれば、将来的に砂漠地帯が緑で覆われていく可能性も高いのです。

砂漠緑化するにはどうしたらよいのか

流動化している砂漠を緑化するには、砂の固定が最も重要な作業となります。

砂を固定するには、草方格と呼ばれる技術で、砂の固定をしていきます。草や枝を基盤の目状に、地面に差し込み植物の根の役割をさせ、砂の移動を止めてしまう方法です。草方格のマスの中に、多年草や低木などを植え付け、数年育てることにより、根をしっかりと生えさせて、砂を固定していきます。

砂を固定化することができれば、安定的に砂漠緑化の範囲を広めていくことができます。この方法で、中国だけではなく、他の国の砂漠化も止めることができるので、とても注目されている方法です。

知られていない砂漠緑化の現状

植物を育て植えているだけが砂漠緑化の活動ではなく、砂漠化してしまった場所できちんと生態系が生まれていくことが、最終的な目標になっていきます。

植物を植えただけで終わってしまっていると家畜に食べられてしまいます。なかでも放牧をしているエリアについては、このような対策が必要となってきます。実際に行っている対策は、砂漠緑化を実施しているエリアを柵で分けたりしていることが挙げられます。

昨今においても多くの問題がありますが、その都度対応していくことがポイントになります。また、現地の人たちの協力も得ながら1日も早い緑化をすることが大きな目標となっています。

砂漠緑化は自然を増やす取り組み

砂漠には緑がありません。緑がないからこそ乾燥した状態になり、その部分の気温は高くなってしまいます。地域によっては、かなり温度が上昇傾向にあり、最近の温暖化の影響を大きく受けています。

暑くて困っている地域にとっては、とにかく安心して、さらに安定した気候に戻すことが重要になります。そこで行われるのが砂漠緑化です。

砂漠に緑を増やして、自然を増やす取り組みを実施します。ここで増やしておけば、砂漠が増えてしまうこともなく、むしろ面積が大幅に減ることとなります。こうした減らしていく努力は、非常に重要になっています。

砂漠緑化で温暖化を抑制

これからの時代は、どんどん気温が上昇するとされます。ただ冬場は逆に下る可能性もあり、次々と気温が下がって生活に影響が出ます。適切な温度に調整しながら、しっかりと環境を守ることが重要になっています。そこで砂漠緑化をする方法が取られ、砂漠を減らして緑を増やし、温暖化の抑制を図る狙いがあります。

砂漠はさらに温暖化を進行させますし、地球にある自然が減っていることがマイナスなのです。より多くの自然を確保するため、砂漠を活用して緑を増やし、将来的に新たに砂漠化してしまう場所を作らないようにします。砂漠が減るだけでも、それは凄くいいことなのです。

砂漠緑化における日本人の取り組み

日本人における世界的な砂漠緑化への取り組みは世界的にも評価が高いものです。

アフガニスタンの成功事例をはじめ、黄砂の原因となっている中国モンゴル自治区での緑化対策に10年間取り組んでいる日本人青年や、25年間で300本ものポプラの木を植え続けた大学教授がいます。砂の流動を食い止め、植栽が困難な砂漠地帯に技術と献身的な労力をつぎ込んだ日本人の活躍があります。

日本ではそれほど認知されていない方々ですが、中国では他に2名を含めた日本人の紹介記事が新聞等で紹介されています。今後も世界的な砂漠緑化対策は不可欠となるでしょう。

砂漠緑化についての関連記事

砂漠緑化に関するその他の情報はこちら。

大阪・東京の翻訳会社をお探しの方、砂漠緑化や磯焼け対策などの環境対策事業をお考えの東京や大阪の方は必見。

工夫して勉強する事で目指すtoeicのハイスコアでは、TOEIC対策やドイツ語翻訳や英語翻訳を依頼する翻訳会社についてや砂漠緑化と磯焼け対策といった地球環境についてのコンテンツも掲載しています。当サイトへのコンタクトはこちらまで。

ページトップに戻る