リーディング対策

しっかりと重点的に勉強したいリーディング

いろんな問題が出題されるtoeicですが、その中でも特にしっかりと勉強したいのがこのリーディングの部分です。

大学試験の英語では複数のページに渡る様な長い長文が出題される事が多いのに対して、toeicでは中程度の長さの長文がたくさん出題される事が多い様です。

特に近年ではメールの文章に関する問題が出題される事も少なくないみたいです。

中には比較的易しい問題もありますが、難易度がかなり高い問題が出題される事もありますので、早く英語を読んで理解する事も必要ですが、正確に内容を把握する事が求められます。高得点を目指す人でも注意して勉強したいですね。

早く英語を読み理解する

限られた時間内にすべての問題を回答しないといけないので、スピードも必要になってきます。今までにtoeicの試験を受験した事がない人の中には、時間が足りないと感じる人もいる様です。

英語で書かれた文章を早く読み理解する必要があります。読んだ英語を頭の中で日本語にして理解するのではなく、できれば読むのと同時に理解できる様にしておきたいですね。

最初の間はなかなか難しいかもしれませんが、英語の語順のまま理解する事ができればリーディングだけではなく、リスニングの対策としても有効だと考えられます。

また、できるだけ問題をたくさん解いて苦手意識を無くしておきたいですね。

学習法の一つの英作文と英会話

英会話の学習法はいろいろありますが、そのひとつに英作文をするという方法があります。会話の学習に作文というと矛盾していると思われがちですが、そのようなことはありません。そもそも英会話は頭の中で英語の文章を作って、それを口にするということです。頭の中で英作文しているわけです。

このように考えると英会話と英作文はとても近い関係だとわかります。そのため日ごろから会話の際に話題にしようと思っていることを、ノートに英作文として書いておくと役立ちます。英語で作文をすることで脳に英語の回路ができ、それを書き留めるという作業をすることでより一層記憶に残ります。

このことを繰り返していくと、いつの間にか英会話の際に頭の中で即座に英作文が完成して、すぐに口に出して言えるようになるというわけです。

TOEICについての関連記事

TOEICに関するその他の情報はこちら。

大阪・東京の翻訳会社をお探しの方、砂漠緑化や磯焼け対策などの環境対策事業をお考えの東京や大阪の方は必見。

工夫して勉強する事で目指すtoeicのハイスコアでは、TOEIC対策やドイツ語翻訳や英語翻訳を依頼する翻訳会社についてや砂漠緑化と磯焼け対策といった地球環境についてのコンテンツも掲載しています。当サイトへのコンタクトはこちらまで。

ページトップに戻る