英語翻訳と文字数の関係について

英語翻訳の料金は、通常は一文字あたりの単価が決まっており、翻訳する文書の文字数で換算されます。

句読点なども一文字にカウントされますので、ワープロソフトなどに文書をペーストして文字数を調べれば、翻訳の料金が算出できます。これは英文和訳でも和文英訳でも、同じことが言えます。

英語翻訳での一文字あたりの単価は業者ごとに違ってきますが、およその相場はインターネットで調べられます。ただし専門性の高い文書であればあるほど、一文字あたりの単価は高くなります。

また、急を要する英語翻訳の場合などでは、料金は高くなることがあるでしょう。

映像の英語翻訳は映像翻訳に特化した会社に依頼

映像翻訳は従来、海外の映画やニュースの字幕を主に指していました。しかし近年では映像メディアが多様化し、それに伴って字幕が使用される場面も広がりました。その代表的なものがインターネット動画やゲームです。

他の多くの分野と同様、主な言語は英語です。しかし、映像を扱う英語翻訳は、紙面に書かれた文字ではなく、話される言葉を翻訳する点が大きな特徴です。そのため翻訳者は、話し手のニュアンスもくみ取る必要があります。

こうした特徴があるため、映像の英語翻訳を依頼するときには、映像分野を専門に扱う翻訳会社に依頼したほうが高品質になります。

英語翻訳の特徴と今後の展望について

英語翻訳の特徴は、翻訳のニーズが他の言語に比べて高いことがまず挙げられます。文芸翻訳や字幕翻訳の分野ではもちろんですが、専門的な文書を扱う実務翻訳の分野でも、英語で書かれた文書は圧倒的に量が多いです。

今後とも注目されるIT分野などでの新技術も、英語での情報発信が主体となっています。とくにインターネットではコミュニケーションの手段として英語が圧倒的に多く使われており、英語翻訳の高いニーズは今後もますます顕著になるでしょう。

英語翻訳はまた、翻訳者の数が多いことも特徴としてあげられます。翻訳者が多いため、様々な分野での翻訳をカバーしています。

英会話ができれば英語翻訳はできるのか

英会話といわば言葉のとおり英語で会話をすることです。一般的に英語をネイティブのように話せる人は英語翻訳ができると思われがちですが、翻訳には文章を作成する能力が必要です。例えば、日本で生まれ育った人は誰でも日本語を流暢に話すことができますが、すべての人が文章を上手く書けるとは限らないということです。つまり英語を流暢に話せることは、英文の意味を正しく読み取る能力は高いですが、必ずしも文章を書く能力が高いとは限らないということです。

英語翻訳をするためには、文章を正確に読み取る能力と読み取った文章を正確で読みやすい日本語の文章におきかえる能力が必要なのです。

英語翻訳の仕方と醍醐味

英語は日本語と違ってあまり言葉のバリエーションがありません。それをどうやって魅力な日本語に翻訳するかは、翻訳者の腕にかかっています。

英語翻訳では、英語を直訳してもなかなか魅力のある表現にはなりません。かといって、いくら魅力的でも本分である内容が、ないがしろになっては意味がありません。そのため、翻訳者は、英語はもちろんですが日本語にも幅広く精通していなければなりません。

英語の本分を変えずに、皆が認めるような魅力的な文章に英語翻訳できれば、それは翻訳家の醍醐味と言えるでしょう。もちろんなかなかできることではありませんが、成し得た時には大きな達成感を得ることができるでしょう。

英語翻訳の仕事をする将来性について

英語翻訳の仕事をしていく中で、将来性が心配になる人も多いかと思います。最近では、Google社の開発した翻訳のサイトなどが話題を呼んでいて、誰しもがすぐに翻訳できるツールを兼ねそろえています。

しかしながら英語翻訳の内容は深く、時として専門性が必要になってくるものが、数多くあります。また、インターネットでの活躍の場も広がっていて、将来性のある仕事だと言えます。

クラウドサービスなどでも英語翻訳の仕事は数多くあり、翻訳家の活躍の場所は、今までにないくらいに広がりを見せています。しかしながら、自分の適正にあった仕事をしていくことが、成功への近道となります。

英語翻訳についての関連記事

英語翻訳に関するその他の情報はこちら。

大阪・東京の翻訳会社をお探しの方、砂漠緑化や磯焼け対策などの環境対策事業をお考えの東京や大阪の方は必見。

工夫して勉強する事で目指すtoeicのハイスコアでは、TOEIC対策やドイツ語翻訳や英語翻訳を依頼する翻訳会社についてや砂漠緑化と磯焼け対策といった地球環境についてのコンテンツも掲載しています。当サイトへのコンタクトはこちらまで。

ページトップに戻る